希望のない世界から

消化試合を生きる

ドラクエウォーク、ついに飽きた

とうとう、ドラクエウォークを起動しなくなった。

色々な要因はあるのだけれど、一番の決め手は、メガモンスターの仕様を元に戻したことかな。

あれで毎日コツコツ倒していたメタルドラゴンが倒せなくなり、やる気が一気になくなってしまった。

最終状態を残しておこう。はてなブログというサービスがいつまであるかはわからないけれど。

 

レベルは全員、上級職が1つ55になった。他の上級職はすべて30、基本職はすべて50にしてあり、レベル上げのモチベーションがなくなったのも大きい。

 

f:id:minaryn:20200708230231p:plain

 

一人一人の装備と容姿。

このゲーム、最初からユーフォのキャラでやっていたけど、もしそうしていなければ、もっと早く辞めていただろう。

今でも後ろ髪を引かれるのは、ゲームがどうこうではなく、久美子たちに悪い気がするから。それだけだ。

 

f:id:minaryn:20200708225556p:plain

f:id:minaryn:20200708225749p:plain

f:id:minaryn:20200708225804p:plain

f:id:minaryn:20200708225826p:plain

 

次に武器。

課金こそわずかしかしなかったが、それなりにたくさん回して、武器はたったのこれだけ。

しかし、これが致命傷になることはなかった。アリアハンの剣が実装されたのは大きいな。アリアハンの剣が一番強いというのもどうかと思うが。

 

f:id:minaryn:20200708230006p:plain

 

防具。

武器と比べると結構出ているのがわかる。

このゲーム、ガチャに明らかに偏りがあった。やしゃのこんだけ8本とか出たし。

知り合いは、ロトのつるぎが3本出たが、防具は1つも出なかったと言っていた。

 

f:id:minaryn:20200708230420p:plain

f:id:minaryn:20200708230437p:plain

f:id:minaryn:20200708230458p:plain

f:id:minaryn:20200708230514p:plain

 

最初から実装されているエンドコンテンツであるお土産図鑑。

これはエンドコンテンツすぎた。

観光地でワンタップでお土産がもらえればよかったが、そこからさらに離れた場所にクエストを設定しなくてはいけない仕様が好きではなかった。

 

f:id:minaryn:20200708230724p:plain

 

プロフィールと記録の一覧。

今度北海道に行くから、またモンスター図鑑を埋めようと思ったいたが、もうアンインストールしようかなというレベルで飽きてしまった。

 

f:id:minaryn:20200708231002p:plain

f:id:minaryn:20200708231016p:plain

f:id:minaryn:20200708231127p:plain

 

最後にこころ。Sだけに絞り込んで貼り付けておく。

みんドラとか使っていない地方民の割には集まった方ではなかろうか。

 

f:id:minaryn:20200708231309p:plain

f:id:minaryn:20200708231324p:plain

f:id:minaryn:20200708231338p:plain

f:id:minaryn:20200708231354p:plain

f:id:minaryn:20200708231413p:plain

f:id:minaryn:20200708231429p:plain

f:id:minaryn:20200708231444p:plain

 

京都・紫陽花めぐり

コロナの緊急事態宣言も解除され、ETCの休日割引も復活して、そろそろ外出OKムードになったので、京都へ紫陽花を撮りに行ってきた。

まずは三室戸寺。8時半に駐車場に着くも、すでに人でいっぱいだった。

 

K-3(SIGMA17-70mm)。

f:id:minaryn:20200620095043j:plain

 

GF9(25mm単焦点)。

f:id:minaryn:20200620093819j:plain

 

紫陽花ってどう撮ればいいのだろう。難しいね。

三室戸寺に1時間半ほどいて、今回はパークアンドライドしようと、いつもの宇治の平等院の駐車場へ。久美子のマンションの斜め向かいにある駐車場ね。宇治に行くと毎回必ずあそこに駐めるのだけれど、満車だった。

同じ値段だし、向かいの駐車場にしようと一旦列に並んだところで、ふと思った。

「別にもう、宇治、良くね?」

今年の3月にも去年の11月にも来ているし、ぶっちゃけそろそろやることがない。なんとなく久美子の息吹を感じるだけのために、宇治でパークアンドライドしなくても、最初から中書島で良くね?

ということで、宇治川沿いを北上して中書島へ。ちなみに観月橋の手前で信号3回ほど右折できなかったので、少し早めに24号に出た方がいい気もするし、24号も観月橋を渡り切るのに10分以上かかったから、結局同じという気もする。

伏見港公園の駐車場に駐めて京阪へ。電車に乗るのもずっと避けていたけれど、そろそろ解禁。

 

f:id:minaryn:20200620105035j:plain

 

まずは墨染で降りて、藤森神社へ。

紫陽花苑は2ヶ所あって、300円で共通。なかなか良い。

 

K-3(SIGMA17-70mm)。

f:id:minaryn:20200620115346j:plain

 

GF9(25mm単焦点)。

f:id:minaryn:20200620112038j:plain

 

紫陽花ってどう撮ればいいのだろう。難しいね。

ちなみに、中書島、駐車場が少ないし、伏見港公園の駐車場も別にそんなに安いわけではない。パークアンドライド、最初から墨染でよかった。

まあ、知らなかったから冒険はできないが、次から京都にパークアンドライドする時は、京都南ICで降りて墨染は良い選択だと思う。

 

藤森から七条へ。

降りたらラーメン屋があったので入る。

ちょっと出てくるのに時間がかかったが、ラーメンはとても美味しかった。

ホワイトバランスが曇りのままだったので変な色味に。

 

f:id:minaryn:20200620124130j:plain

 

智積院へ。

晴れ予報だったが、曇りのまま。紫陽花撮影にはいいのではなかろうか。

 

K-3(SIGMA17-70mm)。

f:id:minaryn:20200620131126j:plain

 

GF9(25mm単焦点)。

f:id:minaryn:20200620132439j:plain

 

智積院から東大路通りを北上。

事前に調べたら、紫陽花の穴場として霊源院という場所が出てきたので行ったみたのだが……。

 

f:id:minaryn:20200620141112j:plain

 

お庭としては良かったが、紫陽花としてはどうだろう。

看板に「令和の枯山水庭園完成 初公開」とあったし、ここではなかったのかもしれない。

まあ、初公開のお庭が見られたのでよしとする。

 

特に京都での目的がなくなったので、八坂の塔から二寧坂、八坂神社をブラっと歩いて四条に。

 

f:id:minaryn:20200620143300j:plain

 

車に戻ってからは、滋賀のもりやま芦刈園という場所に向かう。

下道を走っていたら1号線の山科・大津間で地獄を見たので、引き返して京都東から大津だけ高速を使う。

さらに近江大橋が大渋滞だったが、橋の上は気持ち良かったのでそんなに気にならなかった。

琵琶湖畔沿いを10km以上北上し、ようやく到着したら、コロナの影響で営業時間が短縮されていた。泣きたい。

完全にドライブ。まあ、琵琶湖畔は気持ち良かったのでよしとしよう。

もりやま芦刈園に着いたのが17時。せっかくなので琵琶湖で夕陽でも見ようと思い、日の入り時間を調べたら、19時と出たので諦める。

こんなことなら、もっと京都にいればよかったなぁ。ちょっと下調べが甘かった。

 

『1LDK+JK』の中出しが減った

エッチなマンガはほとんど買わないのだけれど、ひょんなことから手にした『1LDK+JK』というマンガがとても気に入っていて、先日今さらながら2巻が出ていることに気が付いて購入した。

発売から半年近く経って気が付くあたり、いかにエッチなマンガと縁のない生活をしているかがわかる。

 

f:id:minaryn:20200506103404j:plain

 

で、早速読んでみたのだが、相変わらず茜は可愛いし、茜が可愛くて、良いです。

波佐間ともすっかり仲良しになっている。

ただ、何か違和感を覚えた。1巻とは違う感じ。

わかった。波佐間が外に出しているんだ。

ちょっと調べてみたら、こんな感じ。

 

1巻
第1話
第2話 中出しあり
第3話
第4話 中出しあり
第5話 中出しあり
第6話 中出しあり
第7話 中出しあり
2巻
第8話 中出しあり
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話

 

明らかに中で出さなくなっている。

何故だろう。元々中出し良くないねという物語ならわかるが、1巻ではほとんど中出ししていたわけで、関係性が変わってきたから、大事にしたい気持ちが芽生えたのだろうか。だとすると、1巻では大事にしていなかったことになるが、そういう感じでもなさそう。

個人的には、赤の他人のJKと同居してエッチしまくっている時点で、リアルは求めていないので、1巻のようにガンガン中出ししてほしい。

元々していないマンガならともかく、むしろ中出しばかりしていた作品である。

自分の中ではとても物足りないマンガになってしまった。残念だ。 

 

シンデレラガール総選挙2020

なんとなく、好きな子のコメントを記念に残しておこう。

一番好きなのはもちろん小日向。ハートが飛んでる。

f:id:minaryn:20200502130110p:plain

 

次に、みりあと卯月が限りなく同じくらい好き。

f:id:minaryn:20200502130217p:plain

f:id:minaryn:20200502130236p:plain

 

それから、乙倉ちゃんと響子がやはり甲乙つけがたい。

f:id:minaryn:20200502130339p:plain

f:id:minaryn:20200502130537p:plain

 

そして、忍ドル、中野さん、ありす、ユッコが好き。

f:id:minaryn:20200502130710p:plain

f:id:minaryn:20200502130733p:plain

f:id:minaryn:20200502130750p:plain

f:id:minaryn:20200502130806p:plain

 

ここまでの9人は大好きな9人で、もう一人加えて10人にしたいのだが、どうしてもこの9人とは絶望的な開きがある。

みくかなぁ。

みく、凪、千夜ちゃんの3人が好きだが、やっぱり古参のみくを10人目に加えたい。

f:id:minaryn:20200502131237p:plain

f:id:minaryn:20200502131251p:plain

f:id:minaryn:20200502131316p:plain

 

ちなみに、フルートを始めてから、水本さん急浮上中です。

f:id:minaryn:20200502131538p:plain

 

今回、ボイスアイドルオーディションも一緒にやっている。

声がついてほしくてしょうがない筆頭は、岡崎さん。

f:id:minaryn:20200502131726p:plain

f:id:minaryn:20200502131744p:plain

 

そして、成宮。

f:id:minaryn:20200502131814p:plain

f:id:minaryn:20200502131834p:plain

 

あずきはもはやどうしてまだ声がついていないのかがわからないレベル。

f:id:minaryn:20200502131924p:plain

f:id:minaryn:20200502131945p:plain

 

まだまだ好きな子はたくさんいるが、キリがないのでこれくらいで。

岡崎さんはそろそろ本当に声ついて。

 

ドラクエウォーク・アリアハンの剣に絶望

タイトルの話をする前に、現状をば。

ちょうど服装をマイナーチェンジしたので、そのお披露目など。

 

f:id:minaryn:20200422194437p:plain

f:id:minaryn:20200422194449p:plain

f:id:minaryn:20200422194502p:plain

f:id:minaryn:20200422194514p:plain

 

相変わらず奏の股間がエロいのと、梓が妙にカッコイイ。

で、表題の件。ドラクエウォークが更新されて、最後のアリアハンの剣が実装されたのだが、それがなんとルイーダの酒場

 

f:id:minaryn:20200422194745p:plain

 

それ自体はまあいいのだけれど、少し前までルイーダの酒場は、最高がLv.21だった。

で、カンストしていた時に達成した依頼の分の絆ポイントは、当然上限が上がったと同時に加えられるかと思ったが、まさかの0スタート。

いや、無理だろ。さすがに不具合だろうと思って、初めて運営に問い合わせをしたら、即日返事が返ってきた。

「仕様です」

嘘だろ。

 

f:id:minaryn:20200422195000p:plain

 

もうこんな依頼しか残っていない。

ガンガン依頼をこなして、たくさんゲームをやって損をするとか、わけがわからない。

もう本当にこのゲームの運営はダメだ。

 

ドラクエウォークはガチャが本当にひどい。

自分も結構ガチャを回しているが、未だに爪の次はやしゃのこん。最近はむしろアリアハンの剣が最前線である。

 

f:id:minaryn:20200422195343p:plain

 

アリアハンの剣は自分には絶対に必要なのだ。

この件、ツイートを検索しても、話題にしている人が大していない。

みんな、気にしていないのか、あるいはカンスト中は依頼を達成していなかったのか、それとももう誰もこのゲームをしていないのか。

確かにずっとバラモスをソロで倒し続けているが、本当にもうこのゲーム、やっている人がいないのではないか。

あるいは、みんなガチャで武器が出ていて、別にアリアハンの剣なんて要らないのか。

会社の人も武器がたくさん出てるし、なんで自分だけこんなにハードモードなのだろう。

やしゃのこんのかぶりを見れば、このゲームのガチャの偏りは一目瞭然。

テーブルが悪かった。このゲームに関しては、本当にそれが存在する。

 

温泉ちえりーな

デレステで、もう二度と手に入れる手段はないと、数多の智絵里P、李衣菜Pを引退に追い込んだ温泉ちえりーなが復刻されてから幾星霜、ようやくルナシャインインが300個貯まった。

 

f:id:minaryn:20200314103606p:plain

 

より正確に言えば、300個貯まるまで智絵里も李衣菜も出なかった。

 

f:id:minaryn:20200314103614p:plain

 

f:id:minaryn:20200314103623p:plain

 

もっと言えば、ルナシャインが300個貯まるまでの間に、ほとんどSSRは出なかった。

まだみくも唯も十時も残っているし、そもそも李衣菜が残っているからもう1周行くのは確実なのだが、ちょっとこのガチャ、絞りすぎなんじゃないっすかねぇ。

 

f:id:minaryn:20200314103631p:plain

 

f:id:minaryn:20200314103639p:plain

 

とりあえず智絵里。

デレステは基本、ずっと放置編成だから、お金をかけてアイドルをゲットしても、まったく使っていない。

これほど所有欲を満たすためだけに課金しているゲームもない。

 

劇場版SHIROBAKOの感想(ネタバレあり)

月曜日に劇場版SHIROBAKOを見てきた。

同じ時にTwitterで検索したら、満席で見られなかったとか、パンフレットが売り切れていたとか、東の方から悲しみの声が聞こえてきたが、自分が行った映画館では15人くらいしか客がいなかったし、もちろんパンフレットもたくさん残っていた。

日本はきっともう、東京にしか人がいない。

 

内容はすごく良かったのだけれど、残念な点も多かった。

あくまで自分の感想(趣味や期待)になるが、こんな感じ。

 

  • オープニングが長い。TVシリーズを見ていない人向けなのかもしれないが、恐らくそれはかなり少数派なので、もう少し短くして別のシーンに割いてほしかった。
  • 中盤のミュージカルが長い。オープニングもそうだが、尺の長い中でならいいが、あれよりもっと見たいシーンがたくさんあった。
  • 宮森が前向きになるところ、ミムジーとロロではなく、誰か他に登場する人物にしてほしかった。結局一人で悩んで一人で立ち直っているが、SHIROBAKOは助け合いのアニメかなと思っているので、人間的なドラマが欲しかった。
  • カチコミのシーン、短くして欲しいというか、要らない。尺の長い中でならいいが、あれよりももっと見たいシーンがたくさんあった。
  • ラスト、作成したアニメのシーンが長い。感動したし、短い時間であれを作ったスタッフのすごさを感じるが、どちらかというとそれが見たかった。
  • 登場人物が多い中で、一人一人にドラマ性はあったものの、やはりTVシリーズと比べると薄い。上で挙げたようなシーンを短くして、もっと仲間たちのドラマを濃くして欲しかった。

 

全体として、宮森の映画になっていると感じた。アニメはチームで作るものだから、たまたま宮森視点になっているものの、宮森が主人公という認識はないが、そうでもないのだろうか。

その宮森の悩みはほとんどミムジーとロロを含めて宮森一人で解決してしまっていて、面白さに欠ける。(TVシリーズでは本田や矢野が助けたりしていた)

 

会社が傾いた経緯も含めて、TVアニメでやってほしかった気持ちが強い。

これは『響け!ユーフォニアム 誓いのフィナーレ』でも同じことを思ったのだが、TVシリーズの続編は映画でやると物足りなさを感じてしまうのは、もうしょうがないのだろうか。

最後に第三飛行少女隊の続編の構想がチラッと出ていたが、あれは単に作品としての未来を提示しただけなのか、それともTVシリーズの新作を示唆したのか。

出来たら今回の映画の内容も取り込む形で、新作TVシリーズを期待したい。