30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

『リズと青い鳥』は百合なのか?

 個人的には『リズと青い鳥』は百合ではないと思っているのだが、そう言ったら近しい人間から、「ではお前にとって百合とは何か」と問われた。

 自分はハッピーエンド主義である。悲しいこと、つらいこと、上手くいかないこと、別れ、病気、死。そういったものは現実に溢れているから、それで十分。二次元には求めていない。

 だから、両想いであることが前提である。片想いや失恋、すれ違い。そういう作品を否定はしないが、自分は好きではないし、報われていないのに百合なのかと言われると首をひねってしまう。

 例えば、あなたが女性の異性愛者で、同性愛者の女性から告白されて断ったとき、その関係を百合だと言えるのかという話。例が極端かもしれないが、ニュアンスとしてはそういうことで、片方の想いは確かに同性愛だが、二人の関係性は特に百合ではないと思う。

 『響け!ユーフォニアム』という作品は、基本的にはすれ違いの物語だと思っている。

 みぞれは希美を好きだが、希美の方ではみぞれに対して特別な想いはない。

 梓とあみかにしても、なんだか百合っぽい雰囲気で始まるが、物語は梓が芹菜となんとなく仲直りして終わる。梓に依存していたあみかは、自立して適度な距離感で梓と付き合っていく。希美とみぞれと同じ構図だ。

 久美子と麗奈にしても、久美子は秀一と付き合うし、麗奈は元々滝先生が好きで、二人には友情以上のものはなく、その友情も久美子は暗に高校を卒業したら終わってしまうと感じていることが、地の文で繰り返し書かれている。

 優子と夏紀は単なる友情以上のものは一切ないし、作中で唯一百合だと思われるあすかと香織も、あすかの方がどう思っているのかいまいちよくわからない。

 『リズと青い鳥』も含めて、『響け!ユーフォニアム』という作品は、元々百合を取り扱った作品ではない。同性に対して恋に近い想いは散見されるが、それが報われることはない。

 誤解を恐れずに言えば、「そういうのはいいから依存をやめて自立しろ」というのが、この作品のテーマであるとすら感じる。

 『リズと青い鳥』の感想がTwitterでよく流れてくるのだが、おおむねその切なさがいいという。かみ合わないもどかしさがたまらないらしい。まったく理解できない。

 前にとある出版社の編集長が、「男性はバッドエンドに耐えられないが、女性は割と寛容で、女性向けならそういうのもあり」みたいなことを言ったと話題になっていた。

 これはさすがに乱暴な論だが、Twitterを検索していると『響け!ユーフォニアム』や『リズと青い鳥』を絶賛しているのは女性が多く感じるし、その展開が耐えられずに、ひたすらユーフォキャラのラブラブな百合物を書き続けている自分の読者は男性が多い。

 Pixivで小説を読む層は、女性向け作品の方が圧倒的に人気なことから、女性の方が多いと思われる。ユーフォ界隈も女性の読者がたくさんいるのだが、自分の作品をツイートしてくださるのはほぼすべて男性だ。

 原作の『響け!ユーフォニアム』は恐らく元々女性向けの作品なのだと思うが、TVアニメの『響け!ユーフォニアム』および映画『リズと青い鳥』は、どの層をターゲットにした作品なのだろう。

 相変わらずどこか百合作品をミスリードしているように思えるが、果たしてこの作品は百合が好きな層に受けているのだろうか。

 

新名神の開通が待ち遠しい

愛知を中心とした東海圏の道路事情は、2016年2月に新東名が豊田まで繋がったことで、劇的に改善された。

無理やり3車線にするなどして渋滞を解消しようと頑張っていた東名高速の、特に音羽蒲郡から岡崎辺りの渋滞が一気に解消された。

万歳。

 

もう2箇所、東海圏に住む人間が解消して欲しい渋滞がある。その一つが東名阪の亀山・鈴鹿の渋滞だ。

ここも万年渋滞しており、ひどい時は西行きの最後尾が四日市を越えて桑名近くまで届くこともある。

東名の渋滞同様、これを一気に解消する一手が、新名神四日市・亀山間が開通することである。

NEXCO中日本の高速道路開通情報によると、新四日市JCTから亀山西JCTの23kmの開通は、2018年度になっている。

具体的な月はわからないが、楽しみでしょうがない。

 

もう1箇所。名神の一宮が混む。とても混む。

個人的には劇的な変化はないと思うが、今、東海環状自動車道を大垣から四日市まで繋げようとしている。

南は東員IC、北は養老ICはすでに開通したが、この区間が完全に繋がるのは2024年度の予定だそうだ。

自分の住んでいる場所的に、これを利用する機会は年に1回も無いと思うが、一宮の渋滞が少しでも解消されたら嬉しい。

まあ、どう考えてもこれが開通するより、新名神四日市・亀山間が開通する方が、一宮の渋滞改善に一役買いそうではあるが。

 

Googleマップで愛知とその近郊を眺めていると、東名・名神の内側に輪っか1つ、外側に大きな輪っかが1つある。

名二環と東海環状自動車道なのだが、どちらも西側が繋がっていない。

名二環の名古屋西から飛島までは2020年度に開通する予定らしい。

自分が使うイメージは沸かないが、南から一宮や小牧に抜ける時に便利になるかもしれない。なるかなぁ……。

もう1つ、前述の東海環状自動車道の関から大垣だが、これは大垣から四日市同様、2024年度開通予定らしい。

自分が使うイメージは沸かないが、東海北陸自動車道の利用者が減ることで、一宮の渋滞が解消されたら嬉しい。

 

南北の道というと、2013年に名古屋高速4号東海線が開通し、産業道路(247号線)から高速で名古屋市内に入れるようになった。

もちろん、伊勢湾岸道も例外ではないが、こちらは元々名古屋南から3号大高線があったので恩恵はそれほど大きくなかっただろう。

この4号東海線が開通したことで、様々な北行きの一般道の渋滞が解消したかというと、あまりそうは思えない。

そもそも、3号大高線があってなお、23号線の北行き、笠寺の手前は夕方は平日も休日も渋滞している。

名古屋高速が高いせいだと思う。770円は全国の都市高速の中で最高。特に、2004年まで650円だったのを少なからず体が覚えている人間には、770円はあまりにも高く感じる。

なんとかならんもんかねぇと思うが、なんともならん。

せめて色々な道路が開通することで、下の渋滞が緩和されてくれたらと思うが、みんな同じことを考えていて、名古屋の上はいつもガラガラなのだ。

 

話が脱線したが、とにかく四日市から亀山が繋がる日が待ち遠しい。本当に待ち遠しい。

もっとも、その直前にとうとう車を軽自動車にしてしまったので、遠出することが激減しそうだが……。

 

メモ:MEEPLEのゲーム

ボードゲームを調べていたら、『機上の九龍』というブログを発見した。

MEEPLEの店員さんだろうか。毎週のようにMEEPLEを訪れ、プレイしたゲームがたくさん列挙してあるので、2017年5月4日から2018年5月3日までの「やったゲーム」を手動でリストアップしてみた。

MEEPLEは私が初めてボードゲームに触れた店であり、今でも時々行くので、このリストを参考にやりたいゲームを絞ってみたい。

もっとも、私がMEEPLEで店員さん(今は店長さん?)にオススメしてもらった『SHEEPLAND』、『KARUBA』、『Asara』、『Saint Malo』、『CAN'T STOP!』といったゲームはまったく入っていないので、この方のプレイするゲームと自分の好みはだいぶ違う可能性がある。

参考程度のメモ。

 

1回 『「リカーーーリング / ReCURRRing』
1回 『5本のきゅうり / Funf Gurken』
2回 6ニムト / 6 Nimmt!』
1回 アウグストゥス / Rise of Augustus』
2回 『アウト・リブ / Outlive』
9回 アグリコラ / Agricola』
1回 アグリコラ;世界選手権デッキ2011 / Agricola: World Championship Deck - 2011』
1回 『アズール / AZUL』
1回 『あやつり人形 / Citadels』
1回 『イエース! / Yesss!
6回 イスタンブール / Istanbul』
6回 イスタンブール ダイス / Istanbul :The Dice Game』
1回 『イムテホップ』
1回 『インペリアルセトラーズ / Imperial Settlers』
1回 『ウィザード / Wizard』
1回 『ウボンゴ / Ubongo!』
1回 『ウボンゴ3-D / Ubongo 3-D』
5回 『ウミガメの島 / Mahe』
1回 『ウルル / Uluru: Neuer Tumult am Ayers Rock』
2回 エスカレーション / Escalation!』
1回 『エセ芸術家ニューヨークへ行く / A Fake Artist Gose to New York』
2回 『エルドラド / El Drado』
1回 『エルフェンランド / Elfenland』
1回 『オニタマ / Onitama』
1回 『おばけキャッチ / Geistesblitz』
1回 『オルレアン / Orleans』
1回 『お邪魔者 / Saboteur』
2回 カタンの開拓者 / Die Settlers von Catan
1回 カルカソンヌ / Carcassonne
1回 『ギャンブラー×ギャンブル! / Gambler x Gamble!』
1回 『キル Dr.ラッキー / Kill Dr.Lucky』
1回 『クィーンドミノ / Queen Domino』
1回 『クイズいいセン行きまSHOW! / Quiz: Iisen Ikima Show !』
1回 『クイズワーカープレイスメント / Quiz Worker Placement』
3回 『クイックス / Qwixx』
2回 『クニスター / Knister』
5回 『グラスロード / Glass Road』
6回 『クラッシュアイスゲーム / Crash Ice Game』
5回 『クランク! / Clank!: A Deck-Building Adventure』
2回 『ごいた / Goita』
1回 『コードゼクス / Code 6』
4回 ごきぶりポーカー / Kakerlakenpoker』
2回 『コプラス / Coplus』
5回 『コヨーテ / Coyote
2回 コロレット / Colorette』
1回 コンコルディア / Concordia』
1回 『ゴンザーガ / Gonzaga』
1回 『コンセプト / CONCEPT』
4回 『コンプレット / Completto』
2回 『サグラダ / Sagrada』
2回 『ザックンパック / Zack & Pack』
1回 『サピエンス / Sapiens』
1回 『サフラニート / Safranito』
1回 ジャイプル / Jaipur』
2回 『ジャンプドライブ / Jump Drive』
1回 『ジョイント ブロッカーズ / Blockers!』
19回 『スカルキング / Skull King』
3回 『スティッキー / Zittenix』
1回 ストーンエイジ / Stone Age』
1回 『ストライク / Strike』
1回 『スパイフォール / Spyfall』
1回 『せっかちプリンセス』
2回 セレスティア / Celestia』
1回 セレンゲティ / Serengeti』
1回 『ゼロ / Zero』
11回 『センチュリー: スパイスロード / Century: Spice Road』
1回 『ゾーゲン / Zogen』
3回 『そっとおやすみ / Schlafmutze』
5回 『ダイスシティ / Dice City』
1回 『ダイスフォージ / Dice Forge』
7回 『タイムボム / Timebomb』
1回 『タイムライン / Timeline』
6回 『たのめナイン』
1回 『ダンジョンオブマンダム / Dungeon of Mandom』
2回 『チームプレイ / Team Play』
1回 『チキンフット / Chicken Foot』
1回 チネチッタ1937 / Cinetitta 1937』
1回 『チャオチャオ / Ciao, Ciao...』
1回 『ティカル / Tikal』
1回 『テイクザット / Take That』
4回 『ディクシット: オデッセイ / Dixit: Odessey』
2回 『デジャヴ / Deja -Vu』
16回 テラフォーミング・マーズ / Terraforming Mars』
1回 『テラミスティカ:ガイアプロジェクト / Gaia Project』
11回 『トゥー アンリミテッド / Unlimited Fugo』
2回 『ドブル / Dobble』
2回 トランスアメリカ / Trans America』
1回 『ドワスレ / Dwarf Slayer』
1回 『ナインタイル / Nine Tiles』
1回 『ナショナルエコノミー メセナ / National Economy Mecenat』
1回 『ナンジャモンジャ / Toddles-Bobbles』
3回 ナンバーナイン / NMBR9』
5回 『ニムト / 6 Nimmt!』
1回 『ねことねずみの大レース / Viva Topo!』
2回 『ノイ / Neu』
10回 ノイシュヴァンシュタイン城 / Castle of Mad King Ludwig』
1回 『ハーフパイント・ヒーローズ / Half-Pint Heroes
1回 『バウンスオフ / Bounce-Off』
1回 バサリ / Basari』
2回 バトルライン / Battle Line』
1回 『バニーキングダム / Bunny Kingdom』
1回 『パニックマンション / Panic Mansion』
1回 『バヌアツ / Vanuatu』
1回 『バン! ダイスゲーム / Bang! The Dice Game』
1回 パンデミック / Pandemic』
2回 パンデミック:レガシー シーズン1 / Pancemic Regacy : season 1』
1回 ヒットマンガ 』
1回 『ビブリオス / Biblios』
3回 『ヒューゴ おばけと鬼ごっこ / Hugo: Das Schlossgespenst』
1回 『ヒューズ / Fuse
3回 『フィルムを巻いて! / Wind the Film!』
1回 『フェアリータイル / Fairy Tile』
1回 プエルトリコ / Puerto Rico
4回 『ふたつの街の物語 / Between Two Cities』
1回 『ブラフ / Bluff』
1回 『フルーツジュース / Fabled Fruit』
2回 『ブルームサービス / Broom Service』
1回 ブロックス / Blokus
1回 ブロックス トライゴン / Blokus Trigon』
2回 『ベガス / Las Vegas』
3回 『ペンギンパーティ / Penguin Party』
1回 『ポイズン / Poison』
2回 ポーション・エクスプロージョン / Potion Explosion』
1回 『ボーナンザ / Bohnanza』
3回 『ボトルインプ / Bottle Imp』
2回 『ボン・ヴォヤージュ 天気vs航海士 / Bon Voyage: Weather vs Navigator』
1回 『マイクロネシア / Micronesia』
2回 マラケシュ / Marrakech』
1回 『マンマミーア / Mamma Mia! 』
1回 『みんなのイーブン』
1回 メディチ / Medici』
1回 『メテオ / Meteor』
1回 『メトロ / Metro』
5回 『メモアール! / Memoarrr!』
1回 『モダンアート / Modern Art』
1回 モンスターメーカー / Monster Maker』
3回 『ラ・グランハ / La Granja』
2回 『ラブレター / Love Letter』
9回 ラミィキューブ / Rummikub』
2回 『ルミス / Lumis』
5回 『レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 帝国対反乱軍 / Race for the Galaxy: Revel vs Imperium』
36回 『レース・フォー・ザ・ギャラクシー: 嵐の予兆 / Race for the Galaxy: The Gathering Storm』
1回 『レベル8 / Level 8』
1回 ロイヤルターフ / Royal Turf』
3回 『ロールスルー・ジ・エイジズ / Roll Through the Ages』
1回 『ロールプレイヤー / Roll Player』
2回 『ロンド / Rondo』
1回 『ワニに乗る? / Tier auf Tier』
1回 『横暴編集長 ~映画三昧~』
4回 『王位継承 / King Me!』
1回 『花見小路 / Hanamikoji』
1回 『貨モッツァ / Kamozza』
1回 『解毒剤 / Antidobe』
2回 『究極のワンナイト人狼 / One Night Ultimate Werewolf』
1回 『京都エクスプローラー / Kyoto Explorer
1回 『禁断の砂漠 / Forbidden Desert』
1回 『穴掘りモグラ / Die Maulwurf Company』
1回 枯山水 / Stone Garden』
3回 光合成 / Photosynthesis』
1回 『黒幕道 / Kuromakudo』
8回 『私の世界の見方 / Wie ich die Welt sehe...』
1回 『邪神がこの中にいる!』
1回 『十二季節の魔法使い / Seasons』
3回 世界の七不思議 / 7 Wonders』
2回 世界の七不思議: 指導者たち / 7 Wonders: Leaders』
1回 『赤箱ニムト / Hornochsen!』
7回 『通路 / Tsuro』
1回 『犯人は踊る:第四版 / Hannin Wa Odoru; 4th Edition』
1回 『魔法にかかったみたい / Wie Verhext!』
3回 『老師敬服 / Rohshi Keifuku』
1回 『曖昧フェイバリットシング / Eye My Favorite Things』

 

時間が欲しい

人生は何をするかではなく、何をしないかである。

何を選ぶかではなく、何を諦めるかである。

と、常々思っているのだが、本当にどんどんできる時間に対してやりたいことが飽和していく。

昨夜それを強く感じた。

 

いつも帰宅して、風呂や飯を終えると20時くらいになる。

できれば23時に寝たいが、寝られたためしがないので、24時に寝るとして、4時間。

この4時間で一体どれだけのことができるだろう。

 

最近気候が良くなってきたし、太ってきたし、夏に向けて走りたい。

着替えやストレッチなども含めて、1時間くらいはかかる。

昨日は負荷強め時間短めで30分くらいこれに費やした。

 

某音楽店主催のブラバン企画のフルートの練習をしなくてはならない。

今回は5曲あるが、まだまだ初心者でどれも歯が立たない。

正直これだけで3時間くらい費やしたいが、昨夜は1曲だけ1時間程度で済ませた。

 

これの他に、フルート教室のアンサンブル用の練習もしなくてはいけない。

ブラバン企画は人数も多く、レベルもバラバラなので、正直自分がいてもいなくても変わらない。

ただ、教室の企画はそうはいかない。練習しなくてはいけないが、昨夜はできなかった。

 

小説を書きたい。今小説熱がとても高い。

4時間どころか、休日に一日中書いていたいくらい書きたいが、そうもいかない。

今書いているのがなかなか難産で、昨日は1時間くらい書いたが10行くらいしか進まなかった。

 

今度6月に、年に2回誘われている知り合いの音楽祭があって、そこでやる曲を練習しなくてはいけない。

誘われたのが昨日だったので、昨日はその選曲や練習に1時間ほど費やした。

ギターとフルートで1曲ずつ。これも延々と練習したい。

 

先日本屋に行ったとき、なんとなくEnjoy Simple Englishの5月号を買ってしまったので、これをやりたい。

ストリーミングがようやく5月のテキスト分が始まったから、予習復習をしたいが、勉強系はついつい後回しになってしまう。

昨日はそれでも30分くらい時間を取った。

 

あと、まったくできていないのがボードゲームのルール読みとテストプレイ。

『ワイナリーの四季』と『コンコルディア』、『アグリコラ リバイズドエディション』の3つを、ルールを読んでテストプレイしたいが、まったくその時間が取れない。

コンコルディア』はルール自体は簡単だが、それでもあの1枚が読めない。そういえば、先日『チケット・トゥ・ライド:ドイツ』も買ったし、『世界の七不思議デュエル』の拡張も買ったが、放置してある。

これも休みの日などに延々とやりたい。

 

もちろん、ゲームもしたい。

グラブルはフィンブルの件でログインするだけのゲームになったが、その分デレステを復活したので、せめてスタミナの自然回復分くらいは遊びたい。

電車の中でスタミナを使い切っても、帰宅してから寝るまでに50くらい回復する。

寝る直前に3曲やるとすごく疲れる上、眠りにも良くない気がするが、やれるだけ頑張っている。

体調がいまいちな原因の大半がデレステではないかと思っている。音ゲーは疲れる。

 

そんなこんなで、撮った写真の整理も全然だし、写真サイトはまったく更新できないし、最近買ったユーフォの最新刊は読み終わらないし、フルートも課題曲以外も色々吹きたいができないし、フルートで吹くためにデレマスの曲を採譜したいがそんな時間はないし、もう全然手が回らない。ギターも本番の予定がないとまったく触らない。

これから少し仕事の稼働も上がりそうだし、ますます時間がなくなる。

一体どうすればいいのか。何から順に諦めるのか。

 

たぶん、グラブルを切った時にゲーム自体を引退できたらよかったんだろうな。

電車の中でボードゲームのルールブックを読んだり、英語の勉強や課題曲の譜読みをすると、色々な問題が解決しそうな気がする。

でも、デレステも確かに好きで、決して惰性でやっているわけではないから、今のところそういう選択肢はない。

 

時間が欲しい。

 

舞台版『華枕~願い巡りて~』の感想とか

f:id:minaryn:20180414112636j:plain

 

最後にゆっきーを生で見たのは、昨年11月の掛川になる。

その後、ESD3周年ライブの後、ゆっきーが卒業。

そこまでは発表通りだったが、まさかの赤と青の卒業&退所。そしてESDは活動休止。

それでもなお予想の範疇だったが、年が明けて黄色の退所にアーススターが声優事業から撤退。

ゆっきーは元マネージャーの福田氏を社長に立てて独立。それは予想しなかった。

これについては、ゆっきーが福田氏について行った可能性もあるが、ピンクとオレンジがついて行かなかったことや、ゆっきー側のメリットを考えると、ゆっきーがフリーで活動するにあたり、契約周りやお金周りをやってくれる人が欲しくて福田氏を雇ったのではないかと考えている。

まあ、それはただの憶測で、ゆっきーが福田氏を頼ったというストーリーの方が、個人的には萌える。真相は一介のファンには永遠にわからない。

 

そのゆっきーが、舞台に出るという。しかも主演で。

自分はミュージカルはそれなりに観たことがあるが、舞台は観たことがない。一度『ふたりのロッテ』をどこかで観たような記憶があるが、内容はまったく覚えていない。気のせいかもしれない。

今回の舞台は、世に言う2.5次元というやつだろうか。原作は知らないし、正直あまり興味もなかったが、一度触れてみるいい機会だしと、S席のチケットを押さえた。8,000円。なかなかの値段だ。

原作についてはなるべく調べないようにした。知ってから見た方が面白い可能性は高いし、むしろ知らずに見たら意味がわからないこともある。

それでも、先に知ってしまうと、得てしてそちらが「正統」になり、どうしてもそれと比較してしまうことになる。そして、大抵の場合は先に知った方の印象が良くなる。

だから、この『華枕』という作品は、ゆっきーの演じる舞台こそが、自分にとっての「正統」となるように、一切の情報をシャットアウトした。

 

さて、当日。

新幹線でビュンと飛び、川崎には11時前に到着。ひとまず場所を確認し、スタンド花の写真を撮る。

開場後、せっかくなのでパンフレットだけ買って開いてみるが、ストーリーも背景もさっぱりわからない。ただ出演する人の顔と名前と役がわかっただけ。

まあいい。完全にゼロで臨もう。

とりあえず、ゆっきーがやる役がアサガオ、オレンジはナデシコ青木志貴はシロツバキという情報だけインプットする。

後は誰一人わからないし、全員覚えられる気もしなかったので、まあ劇の中で把握できたらいいなと。

席は前から4列目のだいぶ右寄りだったから、S席としてはかなり悪い場所だったと思う。とはいえ、広い劇場ではないので、オペラグラスが無いと表情がわからないとか、そんな距離ではない。

公演時間は約130分。思ったより長い。とても長い。俺の腰と尻と膀胱はもつか心配になったが、長いのはいいことだ。たくさんゆっきーを見ていられるのだから、それはとても幸せなことだ。

……俺は一体、いつからこんなにゆっきーのファンになったのかよくわからないが、まあ生誕祭に遠征した時にはすでに結構はまっていたのだろう。

 

で、ゆっきーだが、とても可愛かった。

可愛かった。ひたすら可愛かった。

元気いっぱいだし、喋り方とかゆっきーそのままで、なんていうか、役を演じているというより、これはゆっきーだと思った。

もっとも、アフタートークで本人曰く、「アサガオは自分とは真逆」らしく、自覚がないのか、俺が見たことのあるあらゆるゆっきーは「中島由貴」というキャラクターだったのか。

確かに引きこもってゲームをしている部分はアサガオとは正反対だが、本質的な明るさはまさにゆっきーの真骨頂だと思う。

舞台だが、良かった。面白かったし、ゆっきー可愛いし、笑えるシーンもあり、感動するシーンもあり、盛りだくさんだった。

ふわふわした幻想的な雰囲気も素敵だったし、原作をまったく知らなくてもちゃんと話がわかる脚本も良かった。

もちろん、よくわからないところも多々あったが、後で調べたところ、やっぱりよくわからなかった。たぶん、よくわからなくて正解なのだと思う。空気も存在も時間も、何もかも曖昧に漂っている感じが、あの舞台の一番の見所なのだろう。

 

内容について少々。

アフタートークで、ひたすら百合の話をしていた。どのカップリングが良いか、好きか。

この物語の見所はやはり百合だという前提で、キャストさんは話をしていたし、恐らくお客さんの大半もそのように受け取っていた。

実際に、Twitterで感想を追いかけても、百合っぽい内容が散見される。この話は男が出て来ない、百合の物語であると。

いやいやいやいや!

ここは遊郭で、お客様と湯浴みや添い寝をするお仕事をして、実際にそのお客様は全編に渡って登場していた。アサガオにもお客様が来ているという台詞もあった。単にキャストに男がいなかっただけで、男の影はずっとちらついていた。

後で知ったのだが、この作品、元々は18禁抱き枕が発端だという。調べたら普通にアサガオのエッチなイラストが出てきて、不思議な気分になった。健全作品の二次創作でエロい絵を見ることは多々あるが、健全作品と思って触れたものの公式でおっぱいが見られるとは。エロゲーからの移植作品を、元作品を知らずにプレイしたような感じだ。

要するにこの作品は、あくまで「男の癒し」という根底があり、そこから目を背けてはいけないのだと思う。

少女たちは会いに来る男たちの相手をしている。にも関わらず、それを感じさせないふわふわした空気こそが、この作品の一番の魅力なのだ。

もっとも、作品に最も近いキャストさんたちが百合だと言っているのだから、自分の解釈は恐らく作品の趣旨とはかけ離れているのだろう。

個人的には、この作品のその本質に触れたのがナデシコであり、しかしそれは禁忌であるがゆえに、他の華枕たちはナデシコを遠ざけたと考えている。

この話はこの先、ずっとそれを避けて百合っぽい空気で進んでいくのか、それともナデシコが言ったように、アサガオにもいつかわかる日が来て、その問題と直面するのか。

きっと前者なのだろうが、自分は舞台を見て後者のテーマを感じた。ちょっと原作も追ってみたいと思った。

 

ほとんど興味のない状態で行ったが、とても楽しかった。舞台もまた見てみたいと思った。

そして、やはりゆっきーは可愛かった。可愛かった。

次は4月30日にファンイベントがあるが、さすがに行けない。

卒業ライブにも、成人式イベントにも行けなかった。

遠征はツライ。今回、舞台の8,000円に、パンフレット代、ホテル代、食事代を全部足しても、新幹線の往復料金の方が高かった。

たくさんゆっきーに会いたい。

けれど、安月給の地方民は、身分相応の応援で我慢するべきだ。

遠征費をグッズや握手会に使えたらどんなにいいか。本当に残念だが、必死に追いかけてJRに大金を落とすのも何か違う気がするので、遠い場所から声援を送ることにする。

 

グラブル引退

これまでにやってきたゲームの中で、グランブルーファンタジーは一番本気でやっていたと思う。

課金額もプレイ時間も、スクフェスデレステを遥かに凌駕している。

恐らく純粋にバランスが良くて楽しかったのだろう。

ガチャも出ない時は出ないが、水着のゼタやゾーイやベアトリクス、リミテッドのイオにラカムにカタリナ、十二神将のアニラとアンチラも持っていたし、召喚石も使わないものこそ多かったが、おおむね表記されている確率分は出ていたと思う。

それに、サプチケで恒常のSSRを取ることができて、敵によっては古いキャラの使い道もあって良かった。

召喚石と言えばバハムートとアグニス、ゼウス、エウロペくらいしか持っていなかったのだが、年末年始でルシフェル、ヴァルナ、ティターンが出て、金剛晶が足りない嬉しい悲鳴を上げていた。

Rank172。十天衆はサラーサ、ソーン、シエテ、シス、ニオ、オクトー、エッセルの7人いて、サラーサとニオは最終解放していた。

光はシュヴァ剣が4本、闇はグラシが2本。水のミュルグレスに、火はゼノイフ斧2本。廃人には遠く及ばないが、微課金勢としてはかなりやっていた方だと思う。

そして先日、フェンリルの討滅戦があった。

ガチャでヴァルナが出たので、とりあえず2本目のフィンブルを作ろうと頑張り始めた。

1本ドロップすればいい。後は交換できる。

その1本が出なかった。

「クリエイターの仕事は、いかにプレイヤーに進めたくても進められない、そういうストレスと苦痛を与えるか」らしい。

しかし、心が折れてしまった。

心が折れてしまったとしか言いようがない。

やりたいのを我慢しているとかではなく、自然とプレイしなくなった。

フィンブルは結局ダマスカスを突っ込んで2本目を完成させたのだが、もはやそれでやる気が戻ることはなかった。

あれだけ毎週武勲と栄誉を集め、団内HLに参加し、アーカルムもパスポートを溢れさせたことはなかったのに、ここ2週間、武勲0、栄誉0、パスポートも上限のまま。昨日は消費APも0だった。

運営は、そこまで確率を絞ってどうしたいのだろう。ストレスと苦痛しか与えなければ、人は離れていくだけだ。

デレステも2年くらいしてから再開したし、古戦場もあるし、この先のことはわからないが、とりあえず内側からやりたい感情が芽生えるまでは、このまま撤退しようと思う。

グラブルは好きだった。ただ、絞りすぎた。

 

Sigma 17-70mm 試し撮り in 掛川

Sigma 17-50mmを下取りに出して、Sigma 17-70mmを購入。

ちょっと試し撮りに掛川に行ってきた。

基本的に全部撮って出し。

3枚目の青い鳥はトリミング、オニオオハシは明るさ調整、ハンバーグは色味調整。

ハンバーグはさわやか、そこから3枚は掛川城。最後の夕陽は横須賀城跡で、ホワイトバランスはCTEだったと思う。

カメラはいずれもK-3。

 

f:id:minaryn:20180203112024j:plain

f:id:minaryn:20180203120757j:plain

f:id:minaryn:20180203122231j:plain

f:id:minaryn:20180203122929j:plain

f:id:minaryn:20180203125808j:plain

f:id:minaryn:20180203133742j:plain

f:id:minaryn:20180203134544j:plain

f:id:minaryn:20180203144727j:plain

f:id:minaryn:20180203161116j:plain

f:id:minaryn:20180203162643j:plain

f:id:minaryn:20180203162747j:plain

f:id:minaryn:20180203171702j:plain