希望のない世界から

消化試合を生きる

久美子では射精できない

先日、「久美子では射精できない」という知見を得た。

常から、ボカロやアイマスは、女の子の相手を自分にできると思っている。

つまり、自分がボーカロイドのマスターだったり、アイドルのプロデューサーだったりという、公式的な組み合わせで楽しむことができる。

相手がリンや小日向なら、自分は自分のまま射精ができるのだ。ピュッ。

 

ボカロやアイマスではなくても、例えばエロゲーなら主人公に自分を投影することができる。

普通のノンケ作品なら、その女の子の相手の男に自分を投影することで、自然な流れで射精することができる。ピュッ。

 

ここ数年、『響け!ユーフォニアム』にはまっていて、キャラとしては今、奏にどっぷりである。

奏の場合、相手は久美子である。もちろん夏紀や梨々花でもいいのだが、作品に存在もしない男子生徒とかは有り得ない。

百合は正義。百合は太陽。百合は恩恵。

この女体は奏であると考えた時、自然と自分は黄前久美子になった。

久美子ならこんなふうに奏をいじるだろうかとか色々考えた末、最後の最後で困ってしまった。

 

久美子では射精できない。

 

これは不思議な感覚だった。

百合のイラストや妄想でオナニーをしたことは何度でもある。百合の動画も好物だ。

百合は神々の賜物と言っても過言ではない。

もちろん、奏と久美子の妄想でも数え切れないほどオナニーをしている。俺は百合オナニストなのだ。

その場合、自分はこちら側から見ているのである。『マリア様がみてる』のマリア様のような存在だ。見ている側なのだ。

女の子が二人いたら、そこに男は要らない。世界の常識だ。

 

ただ、この女体! この女体が奏であるなら、それはもうマリア様ではない。当事者だ。当事者であるなら、自分は久美子だ。

しかし、久美子では射精ができない。

どうすればいいんだこれ。

ふたなり? ないわー。架空の男子生徒の方が100倍ましです。

結局どうしていいかわからず、自我が崩壊して、自分は久美子でも架空の男子でももちろんブログ主本人でもない、何かよくわからない存在になった。

そして、射精した。ピュッ。

 

あれからずっと考えているのだが、もし同じような状況になったら、一体どう考えればいいのだろう。

久石奏の相手は絶対に黄前久美子だ。女体は奏であり、自分はマリア様ではない。当事者なら久美子しか有り得ない。

自分が生きている世界線にはふたなりという文化は存在しない。女の子の久美子は射精できない。

わからない。もう何もわからない……。(cv.みぞれ)