30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

世の中は娯楽に溢れている

昨日、シンデレラガールズの6周年イベントの動画配信があった。

知ったのは配信が終わった後で、今日、2時間半かけてそれを見た。

とても面白かった。

 

前にも書いたか忘れたが、シンデレラガールズのライブを初めて見たのは今年の大阪公演で、それ以来大はまりしてライブの円盤をすべて揃えた。

1st、プレミア価格になっている2nd、3rd、そして今年発売された4th。

全部合わせて10万くらいかけたかな。もっとかな。2ndが高かったし。

でもね、ほとんど見ていないの。

買って満足したわけじゃない。見たい。少しは見たが、円盤1枚半分くらいしか見ていない。

 

時間が無いというと語弊があるかもしれない。

現に6周年イベントの動画は見たわけだし。ほら、いつまで公開されているのかよくわからないから、早めに見ておこうと思って。

買った円盤を見ないのは、手元にある安心感かもしれない。

優先度が低いのは間違いない。それらを見るなら、小説を書いたり、ギターを弾いたり、フルートの練習をしたり、写真の整理をしたり、何か自分が創ったり動いたりすることを優先してしまう。

結局、アニメを見たり、ライブの円盤を見たり、曲を聴いたり、小説を読んだり、ゲームをしたりといった、他人の作ったものに触れることが後回しにされる。

どっちもしたい。やっぱり時間が無いのかもしれない。

 

でも、見たら見たらでとても楽しい。

アニメだって、面白いものは面白い。

曲だって聴くと感動する。最近、ようやく随分前に手に入れた大橋彩香の『起動 ~Start Up!~』を聴いたが、思いの外好みの曲が多かった。

冒頭の6周年イベントの動画の絡みで、久しぶりに声優さんの動画をいくつか見ていたのだが、やっぱり面白い。

洲崎綾という人は、自分が好きな声優リストには入っていなかったのだが、なんとなく動画を開いてみたら面白くて好きになった。

上坂すみれ立花理香といった、好きな声優さんの動画は次々と新しいのが出ている。手を広げれば切りがない世界だ。

シンデレラガールズの声優さんたちが喋っている動画もあるらしいことを知った。

 

自分はずっとクリエイティブな活動をしているが、もしそれがなくても、暇することはないだろう。

世の中は娯楽に溢れている。

アニメを見て、動画を見て、曲を聴いて、小説を読んで、ゲームをして、それだけでも十分楽しい人生が送れそうだ。

人生は何事をも為さぬには余りに長いが、何事かを為すには余りに短い。(李徴)