30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

生活に笑いを~YouTubeとロザンの話~

心が疲れきってしまったので、昨日はお休みをいただいた。

で、家で何をしていたかというと、YouTubeでぼーっとロザンの動画を眺めていた。

なんていうか、ふと、自分の生活には笑いが足りないと思ったのだ。

もう随分笑っていない気がして、これは良くないなと。

 

元々芸能界には興味がない上、お笑いは好きではない。

落語は面白いと思うが、お笑い芸人のネタは、その多くが好きになれない。

お笑いの割には、怒りの感情が多いと思うのだ。

キレ芸人というのかな?

ああいう芸は、はっきり言ってしまうと不快の一言で、何が面白いのかさっぱりわからない。

 

数年前、強制的に吉本新喜劇を観なくてはいけないイベントが発生して、初めてなんばグランド花月に行ってきた。

その時、最初に登場したのがロザンで、『小学校の問題』を披露したのだが、これが面白かった。

残念ながら、この日の公演で自分が面白いと感じたのはこれだけだった。やはり、基本的には合わないのだ。

ただまあ、ロザンが面白いのがわかっただけでも収穫だった。

 

面白いネタというのは、何度見ても面白い。オチがわかっていても楽しめる。

新しい笑いを求めて、色々な動画を検索するよりは、同じネタを何度も見ていた方がいい。

これは、歳を取ると聴き慣れた曲を聴き続けるのに近いかもしれない。

『小学校の問題』を何度か見つつ、感性が合うロザンの動画だけを色々見てみる。

 

全部が全部面白いと思えたわけではないが、『奇跡の草』、『キラキラネーム』、『コンビニ』といったネタから、さんまの番組、講演、道案内の企画などなど、色々な動画を見る。

ピンではあるが、『AWAのプレゼン』がかなりのヒットで、5回くらい見た。

随分久しぶりに笑った気がする。今日は随分気持ちが楽になっているので、やはり笑うというのは大事だなぁと。

 

それにしても、YouTubeで動画を見るという文化がなかったので、色々な動画がアップされているのに驚いた。

動画を見る文化がなかったというと、嘘になるかもしれない。最近小説を書くために、色々な曲を聴いていた。

葉加瀬太郎の動画とか結構見るのだが、公式のチャンネルがあるのだね。

YouTubeの仕組みはわからないが、投稿日が古くて再生数が多くてなお消えていない動画は、合法もしくは容認されている動画という認識でいいのかな?

自分のこのエントリーが、違法動画視聴告白みたいな内容になっていなければいいが。

見てもよい動画と、見てはいけない動画を区別する術がない。

 

今「落語」で検索してみたら、こちらも色々な動画がアップされている。

なにぶん、リアルに笑いのない生活を送っているので、時々外部から笑いを取り入れることも必要だなぁと思ったお休みだった。