読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

コスプレ撮影のアフターについて

アフターというと、知らない人の中には良からぬ想像をしてしまう人もいるようだが、コスプレ界隈におけるアフターとは、撮影の後に打ち上げで飯を食いに行くというものである。99%、その認識で正しい。

友達と遊んだら、その後で飯を食いに行くのと同じ感覚。合わせの場合、レイヤーさん同士で打ち上げをするケースが多いが、それにカメラマンも参加するかどうかという話。

自分の基本スタンスは、誘われたら行くし、誘われなければ行かない。自分からは切り出さない。

我々コスプレカメラマンを呪縛している増田の投稿がある。

 

レイヤーだけど、カメコとのアフターに抵抗がある

http://anond.hatelabo.jp/20150629105741

  

ひょっとしたら気にしているのは自分くらいかもしれないが、この記事やトラバ、ブコメを見て、「基本的にレイヤーさんはカメラマンとは食事をしたくないのだ」という認識になった。

あまりにもレイヤーさんサイドの反論が無いので、その認識で正しいのだろう。

なお、現在Googleで「カメラマン アフター」で検索すると、上記の記事が2番目に来る。1番目はアーカイブのこの投稿。

 

通常はアフターでカメラマンさんを呼んでいるのか。いないのか。

http://www.cosp.jp/chie_question.aspx?id=32263

 

回答数が少なく、しかもレイヤーさんの立場からの回答もほとんどないので、やはり表立って「アフター、是非!」なんていうレイヤーさんはいないのだろうなと感じる。

 

このブログに書いたかは忘れたが、コスプレ撮影は規模を縮小している。

自分から営業活動をするのをやめ、頼まれた撮影だけ行くようにしたのだが、有り難いことに何人かがぽつりぽつりと依頼をくださる。

男装撮影をしてくれるカメラマンがいないのが、自分に声をかけてくれる理由らしいが、それでも声をかけてもらえるだけで嬉しい。

その中の一人が、ある時こんなことを言った。

「ブログ主はアフターには来ないカメラマンだと思っていた」(※)

誘われていないから、撮影が終わったらさっさと帰っているだけで、別に誘われれば行くのだが、どういうことだろう。

その後、誘われれば行くという話と、個撮の時は行くことが多いという話をすると、そのレイヤーさんがこういう趣旨のことを言った。

「さすがに個撮で行かないのは失礼ですよね」

待って。おかしい。

ひょっとして、合わせでもアフターに参加しない自分は、失礼なヤツというレッテルが貼られていたのだろうか。

もちろん、人それぞれなのはわかっているが、レイヤーさんはカメラマンとは食事をしたくないというのは、ある程度共通認識だと思っていたので、なかなか衝撃的な一言だった。

 

カメラマン同士の交流がまったくない上、レイヤーさんとも他のカメラマンの話はしないので、実際のところどちらが多いのかはわからない。

ただまあ、「一緒に楽しく撮影したんだから、飯も一緒に行こうよ」というスタンスのレイヤーさんも、中にはいるらしい。

もっとも、それは少数派かもしれないので、基本スタンスは変えていない。

最初に挙げた増田の記事の、カメラマンへの嫌悪感が強すぎて、レイヤーさんはおおむねカメラマンにいい印象はないのだろうなと思ってしまう。

 

増田記事のブックマークには、カメラマンとのアフターに否定的な人のコメントが並んでいる。

その中に一つ、こういうのがある。

 

飯行くのも抵抗あるような相手と組んでいい写真取れるもんなの?って思ってしまう。 

  

個人的にはこの意見に激しく同意なのだが、カメラマン本人が言える台詞ではない。

 

(※) なお、男装合わせのアフターなど、多くの場合、レイヤーさんがひたすらBLとホモの話をしているだけなので、参加して面白いものでもないことを付け加えておく。