30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

ソシャゲがやめられない

またデレステを起動してしまった!

スライドのMISSがストレスになり、5ヶ月も離れていたのだが、サプチケみたいなガチャチケットが来てしまって。

開いたら小日向がいなかったので、まあスルーしようと思っていたのだけれど、最近卯月にどっぷりなのである。

Pixivに『卯月とファンの恋物語』という小説を公開しているので、お暇な人はどうぞ。

まあそんなわけで、戻ってみたら相変わらずスライドがMISSばかりでイラッとするも、パフェ埋めするぞ!とか考えなければ、そんなにストレスにもならないかなぁと。

 

グラブルが、先日書いた通り、サクラ大戦コラボのドロップ率が本当にひどく、相変わらず火刀が出なくてげんなりしていたのも、デレステ再開の背中を押したのかもしれない。

ただ、それでグラブルの頻度が落ちたわけでもなく、余計にゲーム漬けになってしまった。

 

なんとなく「ゲーム やめたい」で検索したら、こんな記事を見つけた。

 

スマホゲームをやめたい人へ伝えたい、やめられる方法4選

http://kei3.us/?p=173

 

前々から思っていて、やっぱりそうだよなと思ったのが次の部分。

 

30時間あったら、色々できますよね。

本も何冊か読めるだろうし、

こうやって書いているブログの記事も

いくつも更新できると思います。 

 

結局、ゲームをやめて代わりにすることが、読書やブログなのである。

最近思うのは、ゲームをするのと本を読むのと、そんなにも違うのだろうか。何か後者の方が素晴らしいことのように思えるが、他人が作ったもので楽しむという点では同じであり、何かを得るか得ないかも、人それぞれである。

ましてや、ラノベやマンガを読むのなら、別にゲームをしていても同じじゃないかなと思う。

ブログは、少なくとも自分のブログはアフィリエイトもやっていないし、誰かと交流しているわけでもない。無理やり記事を更新するくらいなら、ゲームをしていた方が有意義とさえ感じる。

 

ゲームをやめても、特にすることがない。

それがゲームを続けている理由の一つなのだが、しかし暇つぶしのはずのゲームを、帰宅してからも延々と続けており、写真の整理やサイトの更新など、やりたいことが止まっているのが現実だ。英語の勉強も止まっている。

電車の中だけで完結できればいいのだが、グラブルのアサルトタイムが21時からと23時からで、毎日1時間も2時間もグラブルをやって、昨夜はその後デレステを1時間ほどやって、こりゃあかんなと。

 

モバマスのプロダクションメンバーとの交流のために続けているというのが、一番の理由なのだが、それにしても、そこまでどっぷりやる必要はない。

結局、楽しんでいるのだろう。楽しいことをやっているのなら、まあそれでいいか。

いいか?