30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

アニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」第12話感想

デレマスアニメの12話を見ながら、だらだら書いていたもの。ネタバレあり。

 

f:id:minaryn:20150408125644j:plain

 

  • 時は満ちた。
  • おっ、久々の標準チーム。卯月可愛い。
  • 凛、体型がエロい。抱きしめてみたい。
  • P「その間、各フロアに設置したカメラで、皆さんの様子はしっかりと見ます。だから皆さんは、安心してください」
  • P「皆さん、わたしがいない間は、新田さんをわたしだと思ってください」
  • わくわくするね!
  • みりあ、欲しい。ください。本当に、みりあみたいな娘と一緒にお風呂に入りたい。
  • みりあ「何回やっても、振り付け全然合わないね」(バッサリ)
  • 子供は残酷だ。
  • いきなりエンドレス巻き戻しポイント来たね。みりあむっちゃ可愛い。
  • 卯月と一緒に温泉に入りたい。それが私の、心からの願い。
  • 未央「私、CDデビューのステージ、全然楽しめなかった」 卯月「はい。未央ちゃんに台無しにされました」 凛「その話はもうやめよう。私も、未央を嫌いになりたくない」 卯月「お客さん視点じゃなくて、まだ自分視点なところが、もう全然ダメだと思います」 凛「卯月、それくらいで……」
  • 智絵里が意図的に割った。
  • 「ダメだよ、智絵里ちゃん! 縁、切っちゃうよ?」 皿割っただけで、かな子厳しい。
  • みりあ「えっ!? みくちゃん、全体曲やるの、反対なの? 居場所なくなっちゃうよ?」
  • ネコミミつけてないと、普通の子だ。そんなキミも可愛いよ。
  • 4生足エロい。並べて横たわりたい。
  • 新田(あいつら、まとまれよ……。くそぅ……)
  • 新田(私に従わないヤツは、全員、消す……)
  • 新田「今から全体曲をやるのがいいかどうか、わからなくなったのね。簡単。そういう子の発言は、周りにも影響を及ぼすから、帰ってもらうわ」
  • あっ、心が痛い。俺、会社でそういう周囲をネガティブにする発言、よくしてるかも……。新田さん、厳しい……。
  • 新田「いえ、まとめ役をするのはいいんですけど……どうして私なんですか?」 P「一番、年上だからです」
  • 小日向と新しい階段を上りたい。
  • 俺も新しい階段を上る小日向を見てみたい。下から。
  • すごくすぐ隣で寝てた。抱き合え。不安には温もり、これ。
  • 誰かと思った。蘭子か。
  • お前は孤独だからな。少しわかるよ。誰も理解してくれないけど、自分からは歩み寄らない。おれおま。
  • みんな笑顔が足りない。みりあだけ満面の笑み。この子だけずっと明るい。太陽の申し子。
  • 未央「もう1回、頭からいこう」 ロック「これって難しくない?」 みく「みんなバラバラで、全然合ってなかった」 未央「だから、もっと練習しなきゃ」 ニート「このままやっても、エネルギーの無駄遣いな気がする」 新田「ねえ、聞いて。無理だと思う人は、今すぐ帰って。残る人は笑顔で」
  • 新田さん、健気。社会に出たら、最初に鬱になって倒れそう。パパ、心配。
  • 未央「今はそんなことしてる場合じゃないじゃん!」 新田「今日は、私がまとめ役だから、私の指示に従ってちょうだい」
  • 凛「ねえ、美波、これって必要なことなの?」 新田「必要なことしかやらないの?」 凛「そういうわけじゃないけど……」
  • 新田「蘭子ちゃんはユニットじゃないから、座って見てて」
  • 新田さんの独擅場。
  • 一部、テンションの低い人たちがいる。理由がわからないとやらない子になっちゃダメだぞ? 最近、そういう新入社員、多いらしい。
  • みくが、面白い。空が青い!とか、陽射しが眩しい!みたいな感じ。
  • みく、可愛い。ネコミミかじりたい。
  • 粉の中に俺の体の一部を忍ばせておきたい。
  • みりあときらりの身長さやばい。人類は巨人の前に無力であることを表している。
  • 青春を感じる!
  • 俺、女子高生と肩を組んで二人三脚とかしたことがない。本当に人生経験が少ない。もうダメでち。オリョール行くでち。
  • みりあのお股をいきなりむずって掴んで、本気で困らせたい。
  • しぶりんに水(隠語)をかけたい。
  • 透ける下着、体中感じて、このままずっと……。
  • 卯月にバケツで水かけたい。そして濡れた服を脱がせたい。
  • きらりが回した方がいい。身長さよくない。
  • 智絵里「ごめんなさい。私、何をやってもダメで……本当にごめんなさい。こんな私は、穴掘って……」 卯月「大丈夫だよ、智絵里ちゃん!」
  • 焦ると余計カタくなっちゃう。
  • 体も一つに。卯月と。
  • 新田(ふふっ、単純な子たち……)
  • 凛「やってみてわかった。今日のスペシャルプログラムって、みんなの気持ちを一つにするためだったんでしょ?」 新田「ええ(そんな難しいこと考えてなかったけど、勝手にそうやって解釈してくれたなら、まあそれでいいかな)」
  • みりあかじりたい。みりあかじり虫に、わたしはなりたい。
  • 小日向と不安を乗り越えたい。そのために体を一つにしたい。
  • 小日向と冒険したい。
  • 小日向と一歩踏み出してみたい。
  • 小日向と、見てみたい。
  • ボクらの、未来。
  • 完。