読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

自分が他の人と決定的に違うところ

最近ずっと、「真姫ちゃんの2日目の靴下を食べたい」とか、そんなことばかり呟いているのだが、自分がフォローしている360人くらいの中で、そういうことを呟いている人がまったくいない。

今も、「五月雨の腰についている眼球のスペアを舐めたい」とか呟いていたが、類似の呟きを見たことがない。

ひょっとしたら、自分は自分が思う以上にだいぶ、他の人と違うのではないかという気がしてきた。

私生活でも仕事でも素直ベース。思ったことをそのまま口にする。

多くの敵を作り、決して誉められたことではないが、「裏がありそう」とか「何を考えているのかわからない」などと言われたことが一度もない。

思ったことをそのまま口にする。

恐らく、ラブライバーの9割が、真姫ちゃんが何らかの事情で3日間穿き続けたパンツを、天ぷらにして食べたいと思っているはずだ。

けれど、みんなそれを口にしない。

自分はそれをそのまま文字にする。言葉にする。

それが、自分が他の人と決定的に違うところなのだろう。

みんなも本当は、五月雨の腰についている眼球のスペアを、しゃぶりたいと思ってるよね?

でも、「思ってない」って答えるよね?