30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

今月の出費40万円の内訳

2013年10月に、35万円使ったという話を書いたが、それを軽く上回っていった。

さようなら、夏のボーナス。

ちょっと内訳を見てみよう。

 

・夏コミに95,000円

 

往復の新幹線と二日分の宿泊代で35,000円。

あと、例の片想いの子に15,000円くらいのウィッグを買ってあげているのと、現地の食費、二日目の埼玉への旅費。

他に、売り物の写真集のオンデマンド印刷代(3,500円)や、棚(800円)、名刺の印刷代(2,200円)、同人誌の発送代金(1,200円)も含む。

会場で使った金額は大したことはない。

片想いの子に、ミクの衣装とウィッグで30,000円ほど使い、個人的な撮影会を約束していたが、これも没になりそうだ。

もうすべては良い思い出として、心に刻みつけておこう。

 

・和歌山旅行に82,000円

 

例の片想いの子との、恐らく最後の旅行。

横浜からの往復の新幹線代に、二人で1泊4万のスイートルーム、そしてアドベンチャーワールドの駐車場と入場券、ガソリン代、食事代など。

ETCは来月計上だが、これも含めるとさらに壮大な額になる。

まあ、その分の見返りはなかったし、むしろ自分の痛烈な勘違いが判明して、関係が終わってしまった感じだが、最後に素敵な思い出ができたので良しとしたい。

 

・カメラ関係に66,000円

 

PENTAXのストロボAF360FGZIIに、シグマの50mm単焦点、後はプロテクターやディフューザー、リモコン、レフ板など。

これから本格的に撮影をしていくための初期投資。

もっとも、例の片想いの子のコスプレを撮影するために購入したものなので、こういう展開になった今、これらの機材を何に使おうか、途方に暮れている。

和歌山であんな結論を出すつもりはなかったのだ。

全部勘違いしていた自分が悪いのだが、現実は思っていたよりもさらに遥かに自分に冷たかった。

 

・実家に50,000円

 

毎月の定番。

入社してからすでに実家に900万円くらい入れている計算になる。

 

・イオンカード(7月のETC)で20,000円

 

クレジットカードは、基本的には使った月の計上にしているが、ETCは請求時の計上にしている。

群馬旅行の高速代金がこれくらい。

通勤割引がなくなった上、休日も3割になってしまい、本当に苦しい。

 

・マジカルミライ2014で14,000円

 

チケット代と大阪までの交通費、現地での食事。

曲が全然わからなかったが、ライブは楽しかった。

ミクとかリンとか好きなのね。性的に。

 

YAMAHAボーカルレッスンで12,000円

 

なんだかんだ1年以上続いているレッスン。

月に3回だから、1回4,000円のレッスン。

お高いですねぇ。いつまで続けようかな。

 

・スクフェスの課金が10,000円

 

ラブカストーンをいっぱい買ってしまった。

4分教の成果もあり、念願の穂乃果URをゲットしたので、しばらく控えたい。

 

・京都旅行に8,000円

 

旅行というか、日帰りでふらっと訪れて、フォロワーさんと深刻トークをしてきた。

ああいう、もらった一つ一つのアドバイスが、和歌山の結果に(いい意味で)繋がったのかもしれない。

いつかは終わらせなければならない関係だったのだ。

 

・携帯電話が6,000円

 

・整体に5,000円

 

・同人誌に5,000円

 

いわゆる夏コミ4日目。

夏コミとは別計上にする。

 

・イタリアン、4,000円

 

・サンダル、3,000円

 

・その他が20,000円

 

床屋の2,000円、AnnieのCD2,000円、食費、CDレンタル代など。