読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

二度と会えない関係について

友人と呼んでいいかはわからないが、知り合いが病気で配偶者を亡くした。

余命宣告を受けてから、旅行に行って、その後間もなく亡くなった。

旅行に行った理由は聞いていないが、思い出作りだろうか。

本当に、ご冥福をお祈りするばかりである。

 

それ自体はもうひと月以上前の話なのだが、今日ふとそれを思い出した。

もちろん到底同じにしてはいけないが、自分の中では「二度と会えない関係」は、その人がこの世界からいなくなってしまうのとほとんど等しい。

結局先は見えていて、数年、あるいは数ヶ月で「二度と会えない関係」になる。

今はその最期の期間であり、書いているすべては悩み続けている現状の緩和なのかなと思う。

 

一つでも多くの思い出を残したい。

これから先、一人で生きていく糧となるような、楽しい思い出を作りたい。

 

明日から、夏コミが始まる。