読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

傷を舐め合って生きること

昨日、どうしても自殺したくなって、一日中東尋坊と三段壁はどっちがいいかを調べていたのですが、ずーっと自殺について見ていると、今自分が生きているのか死んでいるのか、曖昧な気分になりますね。

皆さんもそんな経験がおありではないでしょうか。

 

はてな界隈を巡回しているだけでも、嫁から精神的に追い詰められて離婚ぎりぎりの旦那さんとか、40代で無職で童貞でもうこの先どうしていけばいいんだと叫びながらも生き続けている人とか、苦境にいる人を散見します。

上とか下とか不幸の大きさの話はしたくないですが、少なくともマイナス側、こちら側の人たちを見ると、安心します。勇気が湧きます。自分も頑張らなくてはと思いますね。

 

下を見て生きるのは良くないことだとか、傷を舐め合うのは情けないことだとか、そういう論調もありますが、どうなんでしょうね。

私は好きです。「俺はダメだ。お前もか。そうか。じゃあ、一緒に頑張っていこう!」みたいなの、大好きでち。

それで元気になれるなら、いいじゃないですか。

 

いつか本当に、今の大切な生き甲斐が失われた時、自分はまだ自殺するかなという気持ちの方が強いけれど、たくさんの人が苦境の中にあっても懸命に生きているのを見て、自分も頑張らなくてはという思いが、少し湧いた次第であります。

 

えんいー