30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

小銭あるある物語・完結編!

昨日、財布の中に801円入っていた。

f:id:minaryn:20140613162302j:plain

 

帰りに地下街のおむすび屋で、280円と書かれた3つ入りの天むすを買うことにした。

100円玉3枚が10円玉2枚になる予定だった。

ところが、レジには302円と表示された。油断した。税抜表示だったのだ。

渋々500円玉で支払い、財布には499円残った。

f:id:minaryn:20140613162311j:plain

 

早くなんでもかんでもSuicaで支払いが出来る世の中になればいいと思う。

逆に、日頃のコンビニなどの買い物はすべてSuicaで支払っているので、財布が軽くなるのはいつになることか。

そう思っていた。

 

今日、実に久々に4コマ雑誌(まんがタイムきららキャラット)を買うことにした。

列に並びながら価格を見たら、税込360円と書いてある。

まあ少しは小銭が減るかと思ったら、なんとレジに359円と表示された。

僥倖という言葉が、これほど美しく当てはまるケースも珍しい。

359円ちょうど支払い、財布には140円が残された。

f:id:minaryn:20140613162320j:plain

 

そんな、ささやかな人生。