30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

Pixiv「1点」物語

最近全然更新していなくて申し訳ないです。申し訳ないでち。

何をしていたかというと、ずっと創作活動をしていて、Pixivにラブライブ!の小説をアップしておりました。

今日はそれに関連したお話。

昨日のこと、自分が公開しているすべての話に1点が付けられた。

1点の意味については このページ に詳しいが、少し引用すると、

 

  • 新着に自分の嫌いな版権作品の投稿があるとなんでも1点を入れる
  • 自分の嫌いなカップリングを扱った作品にはなんでも1点を入れる
  • 自分の嫌いなユーザーの作品にはなんでも1点を入れる
  • ランキング上位作品や人気作品が気に食わないと1点を入れる
  • 自分の好き過ぎるキャラの絵だと愛が裏返って1点を入れてしまう
  • 日本語のわからない海外のユーザーが仕組みを知らず1点を押してしまう
  • 愉快犯が嫌がらせを目的として無差別に1点を入れる
  • クリックミスで1点を押してしまう
  • 総合点数をキリのいい数字にするためにしようとした結果1点を入れてしまった

 

などという場合に1点を入れる人がいるらしい。

押し間違えの可能性もあるが、少し前にも同じように、多くの作品に1点を付けられたので、カップリングの問題だと推測する。

ツバサ×穂乃果(通称ツバほの)という、ニッチな新興ジャンルなので、ほのえり、ほのうみ、ことほのな人たちに目を付けられてしまったのかもしれない。

 

世の中には炎上商法というものがある。

悪い方にでも注目されれば勝ち、のような考え方で、「好きの反対は嫌いではなく、無関心。嫌いでも関心を持たれるだけ良い」とは昔からよく言われる。

自分のような超新参が、「お前の作品は嫌いだ」と2人にも宣言されるのは喜ぶべきことかもしれない。

かもしれないが、やっぱりメンタルが弱いので、嫌いなら静かにスルーしてほしいと思う。

超大手で否応なしに目に入ってくるものなら仕方ないが、始めて10日の無名の物書きの小説など、団地裏の人気のない場所に咲く小さなタンポポのようなもの。

好きな人だけがひっそりと愛でてくれればいいのだが、なかなかそうもいかないようだ。

 

広告を非表示にする