30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

サプライズが嫌い、予定調和が好き

プライズが好きではない。

悪いものはもちろん、良いものでも自分が予期しないことを突然されるのは嬉しいものではない。

surpriseとはそもそも人を驚かせることである。

心臓に悪いので、驚きたくない。

 

予定調和が好き。

AをしたらBになると予想した上でAをして、本当にBになった瞬間が一番嬉しい。

料理をしたら、想像した通りの味になった、みたいな。

 

絶叫マシンとか、お金を出して怖い思いをする意味がわからない。

お化け屋敷とか肝試しとか、一体何が面白いのか。

大きな声や音も嫌いなので、突然怒り出すのを売りにしている芸人とか、存在価値を否定したい。

 

まあ、そういうのが好きな人もいるだろうから、それはそれで別に構わない。人は人。

ただ、自分はそういう人間なので、自分に対してサプライズ企画とかはやめてほしいのである。

 

どうして急にこんなことを書いたかと言うと、古い友人が最近何かのために会いたがっているのだが、その何かをもったいぶって全然言わないのでイライラしてきたのだ。

「Aのために会いたい→会ってAをした」

この流れが一番ありがたいのだが、もう15年来の友人なのに、自分の予定調和属性が理解してもらえないのは、まったく残念である。