読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

PIXTAのコミッション率が大幅に下がる(追記あり)

PIXTAで自分の写真の販売が開始されたのが2010年8月のこと。

素人の撮った風景写真なので、全然売れないながらも、それから3年半で、ようやく86枚になった。

クリエイターランクは5。コミッション率は独占で44%(4月以降の表記では42%)。

100枚以上になると、専属でコミッション率が50%(48%)になり、そこを目指して毎月こつこつ写真をアップしてきた。

ところがである。

PIXTAのお知らせを見たら、定額制サイトの開始を受けて、2014年7月からランクとコミッション率を変更するという。

具体的には、過去1年で販売枚数が150枚未満の人は、独占で30%に下がるらしい。

現在の44%(42%)を維持するためには、1年間で3,000枚以上売れないといけない。

「定額制サイトの開始で、販売回数がこれまでよりも増加すること等を鑑み」と書いてあるが、3年半で86枚の人間が、1年間で3,000枚も売れるはずがない。しかもダウンロードは10回で販売1回のカウントである。(2014年末まではダウンロード5回で販売1回)

事実上の、コミッション率の引き下げである。

これは、自分のような底辺のクリエイターだからそうなるだけだと思われるかもしれない。

ところが、12万人を超えるクリエイターの中で、自分は1,600位くらいなのだ。上位1.5%の中に入っている。

つまりは、99%の人がコミッション率が下がる。

 

前述の通り、3年半に渡り毎月(昔は毎週)こつこつ写真をアップしてきたが、冷めた。

例えばPIXTAが「半分くらいのクリエイターにとってコミッション率に変化はない」程度の前提でいるのであれば、定額制により上位1.5%の自分が1年で30,000回ダウンロードされるかどうか、見てみたいと思う。

そうでなければ、ほとんどすべての人にとって、完全にコミッション率の引き下げである。

 

参考:『2014年7月より、コミッション率とランク制度、換金申請ルールを変更いたします』

  

*追記*

ここでぶつぶつ言っていてもしょうがないので、ぶっちゃけどうなのと、上記を要約してPIXTAに聞いてみた。

質問に回答する形ではなく、定型文のような返事が来て、変更に至る簡単な経緯の後にこう書いてあった。

今後PIXTAが飛躍的に成長し、結果としてこれまでを大きく上回るリターンをお返しすることでWin-Winの状況になれると考えております。

果たして「定額制サイト」で「飛躍的に成長」できるのか大いに疑問ではあるが、まあどんな形であれこうしてすぐに返事をよこしてきたので、クリエイターをないがしろにしているわけではなさそう

希望があるとしたら唯一そこだけかな。ひとまず、年内は様子を見よう。

 

*追記2[03/04]*

代表からのメッセージが掲載されたのだが、その中ではっきりとこう書かれていた。

今回の販売ランク制度の変更により、クリエイターの皆様には一時的に手取りが減るなどのご負担をおかけすることになります。

やはりコミッション率が下がる前提だったようである。

一時的にクリエイターへの配分を減らすことで投資余力を確保し、それによって成長して、最終的にはクリエイターの収入に還元するという趣旨のことが書かれているが、具体的なプランが何もない。

ただクリエイターの手取りが減るという現実だけが、今のところ存在している。

年内は様子を見る宣言をしたが、新規アップロードは止めて、定額制にも参加しないことにした。

元々趣味で始めたものだし、他へ移るのも面倒なので、現在までにアップロードした1,800枚超の写真をそのまま放置して撤退かなと思う。

 

参考:『定額制サイト発表とランク制度変更につきまして(代表より)』