読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

世界で初めてのこと

ふと思ったのだが、自分は人よりすごい部分がきっとたくさんある。

ただ、そのすごい部分が、何の役にも、誰の役にも立たないから、まったく評価されない。

ついさっき、下のような写真を撮って、「おなかにリンがいます」と呟いてみた。

 

f:id:minaryn:20140301220617j:plain

 

その後で思ったのだが、ひょっとしてお腹の中にリンのぬいぐるみを入れて、「おなかにリンがいます」をやったのは、世界で自分が最初なのではないか?

少なくとも検索しても出て来ないし、同様の写真も見つけられない。

念のため、

「おなかにミクがいます」

「おなかにキティがいます」

「おなかにミッフィーがいます」

「おなかにふなっしーがいます」

なども検索してみたが、まったく出て来ない。

 

世界で初だ。

これはすごいことだ。オリジナルだ。オリジナルの発想にして、第一人者、時代の寵児になるかもしれない。

ならない。

「だから何?」としか言いようがない。

 

どんなことであれ、世界で誰もしたことのないことをするのは、すごいことだと思う。

こういうことが他にも色々とある。

しかし、何の役にも、誰に役にも立たない。

 

いつかシャツの中にぬいぐるみを入れて写真を撮るブームが来たら、このブログ主が時代を先駆けて実践したのだと脚光を浴びたい。

時代はまだ、自分に追いついていない。

そしてきっと、永遠に……。