30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

ニートとか恋愛ニートとか

意識してやっているわけではないのだけれど、ふと思ったので書いてみる。

去年、街コンに行ったりオフ会に行ったりネット上でも声をかけたり、何かしら彼女を作ろうという行動を起こしていた。

それがまったく成果がなかったせいか、今年は無意識に、一人でいるメリットや、結婚のデメリットなどを読んでいる。

就職活動に失敗して、自信を失うなどしてニートになる人がいるらしいが、それに似ている。

恋愛ニートという言葉があるが、完全にそれだろう。

そう考えると、恋愛ニートニートも、そうなるきっかけがあるのだと思う。思った。

ニートの気持ちが少しわかった。

でも、働いて。

成り立ちは似ていても、「働かない」のと「恋愛をしない」のは、まったくの別物。

 

……そうは言っても、難しいのだろうな。難しいよね。

自分が今、恋愛に対して何の希望もないのと同じような気持ち、もしくはそれ以上の絶望を社会に対して抱いているのだもんね。

自分は必要とされていない。愛されない。市場価値がまるで無い。

もうダメだな。

死ぬか。

早く安楽死施設が出来てほしいね。