読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

久しぶりに送ったメールの返事について

メールの返事、とタイトルに書いたけれど、TwitterのリプやLINEのメッセージも同様。

普段絡まない人や、最近絡んでいなかった人、懐かしい人、古い知り合い、様々な、「最近メールをしていない人」に、久しぶりにメールを送ってみる。

それが雑談の類であれば、実のところ内容自体にあまり意味はない。

せっかく共通のネタが出たのだから、これを機に話しかけて、言うなれば「関係を継続したいと思っています」という意思表示をしているのだ。

これに返事がないと、「ああ、この人は自分と絡むつもりはないのだ」と思ってしまう。古い知り合いだと、「もう昔の仲だし、今となってはどうでもいい関係なのだ」と思う。

これが2回続いたら、3回目は送らない。

向こうには深い意図はないのかもしれないが、本当にそういう意図なら送る行為は迷惑だし、そうでなくてもどうせ返ってこない人に送ってもしょうがない。

普段から絡んでいる人なら別に構わない。自分だってTwitterで返事をしないこともある。

頻繁に会っている人同士の、LINEの「既読スルー」も、何が問題なのかよくわからない。

ただ、久しぶりに送るメールやメッセージの場合は、明確にそれとは異なる。

自分自身、久しぶりの人からメールが来たら、いつもより早く返事を書くようにしている。自分がそうしているから、相手にもそうしてほしいのかもしれない。

別にそれを強要するわけではないが、ただ久しぶりのメールに返事がないと、空気を読みすぎる人もいる、というお話。