30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

これは「ブログ」なのかをほんの少しだけ考えてみた

ふと気になって、ブログとは何かの原点に立ち返ってみた。

Wikipediaを見ると、「World Wide Web上のウェブページのURLとともに、覚え書きや論評などを加えログ(記録)しているウェブサイト」と書いてある。

どう考えても、自分の書いているものはこれに該当しない。

なぜ突然そんなことを言い始めたのかと言うと、今さらながら「はてなダイアリー」というサービスの存在を知ったから。

はてなのトップページの「はてなのサービス」の中になかったので知らなかった。

自分の書いているものは、日記と呼ぶにはその日に起きたことは書いていないが、ウェブログと呼ぶほど誰かの何かを論じても記録してもいない。

とりあえず、せっかく作って記事数も70になったし、ブログというカテゴリで続けていきたいと思う。

より「どちらではないか」を追求すると、書いているものは日記ではない。