30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

劣等感について

何年かに一度、恋愛方面に対してアクティブに動く年があって、今年は自分にしては動いた方である。

しかしながら、まったく何の収穫もなかった。

大体このウェーブ(波)が来ると、「女の子と二人でどこかに遊びに行く」くらいの収穫はあるのだが、それすらなかった。

そんなレベルのことですら収穫と思えるほど低い次元の話をしているのに、まったく何もなかった。

しばらくメールをしていた相手からも、最近返事が来なくなった。ゼロに戻った。

 

ふと思ったのだが、もし同世代の男の大半が、自分と同じ境遇(独身・彼女なし)だったら、果たしてこんなにも劣等感や焦燥感があるのだろうか。

普通、一般的に、自分と同じくらいの年齢の男は、結婚しているか彼女がいる。しかし、自分はそうではない。

人とは違うということ。一般の組に入ろうと努力しているのに、まったく入れない、圧倒的な能力の不足。つまりそれは敗北であり、負け組ということだ。

 

彼女が欲しいという願望は本当に存在する。

しかしその欲求の発生源は、劣等感によるものが多い気がする。

常に勝ち負けに晒され、競争社会を生きてきた自分には、ほとんどすべての人が出来ていることを出来ないというのは屈辱である。

もちろん、デートもしたいしエッチもしたい。

相性の合う人と出会えたら、結婚してずっと一緒にいたい。

そんな普通の気持ちももちろんあるが、それだけにしては他人を意識し過ぎる自分に気が付いたので、少し書いてみた。

 

えんいー

 

広告を非表示にする