30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

自殺支援で楽に死にたい

誰もが思っているはずだが、楽に死にたい。

病気になって、臓器を摘出して、体の自由が利かなくなって、手術を繰り返して、苦しみながら衰弱していくような死に方はしたくない。

とはいえ、一瞬でも、痛い思いや苦しい思いもしたくない。

トラックに潰されるとか、溺死するとか、一瞬~2分程度の時間だろうが、それでも怖いし嫌だ。

いつも通り夜寝たら、翌朝起きて来なかった、みたいな死に方が大変理想的である。

 

年間自殺者数が長い間3万人で推移している。

実際にはもっと多いと思われるが、とにかく大幅に減っているということはない。

長い間、偉い人たちがなんらかの自殺対策をしているだろうが、効果は出ていないと考えられる。

こうなると、もはや自殺対策よりも、自殺支援をしてほしい。

楽に死ねるような薬や、苦しまずに死ねる何かを、技術的・法律的に作ってほしい。

そうしたら、死刑になりたかったなどと言って、無差別殺人に走る輩もいなくなるだろうし、今死にたいけど死ねずに苦しんでいる多くの人が救われる。

死ぬことこそが救済である人は、実際多い。

 

問題は一点。

その「悪用」である。

技術的に作った薬だろうが、法律的に作った医者による何かだろうが、頭の良い悪人がきっと利用して、死にたくなかった人が殺されてしまうだろう。

本当に止めてほしい。

そういう人たちが、楽に死にたい人たちの希望を奪っているのだ。

……と思う。

 

【追記 14/01/17】

久しぶりに読み返してみたら、安楽死施設についての言及がなかった。

これを書いた後に思い付いたのだろう。

安楽死施設のようなものがあればいいのだ!

と思って検索したら、同じ考えの人がたくさんいた。安心した。