30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

街コン惨敗記録と浮気や不倫の話

街コン系イベントに足しげく通った結果、恋愛ニートの一歩手前である。

 

(1)当日どうにか二人で一緒に帰るまで持っていくも、実はメンタルに難ありのリスカ常習者だった上、プライベートの約束より仕事最優先とのことで折り合わず。

(2)当日二人で二次会まで持っていき、飲みながら次のお誘いの話をすると、「誘われても断ると思います」とのこと。今飲んでいるこれは一体何なのか。

(3)現地で仲良くなった人を、後からメールでお誘いするも、「男の人と遊ぶのは苦手で」と言われて音信不通。文字通りなら、何をしに街コンに来たのか。

(4)珍しくかなり強い手応えありで仲良くなった人と、後からメールで次の約束などするも、話す内に実は既婚者と判明。そもそも参加資格は独身だったはずだが?

 

時々書いているうちの会社のビッチも、彼氏とラブラブのくせに定期的に合コンに参加しては、翌日イケメンがいなかったとぐちぐち言っているのだが、この人種はどうして彼氏や旦那がいるのにコンパに参加するのだろう。

純粋に出会いを求めているこちらからしたら、すでに特定の相手がいて付き合う気がない人間は、サクラと同じである。あるいは付き合っても、それは浮気や不倫になる。

合コンはどうしても人数合わせが必要な場合もあるが、街コンはいずれも定員オーバーのキャンセル待ちだった。

つまり、そういう人たちが参加することで、参加する男性や参加できなかった女性の出会いの機会が少なからず奪われたのだ。

浮気、不倫、ダメ、絶対!

まー、しかし疲れたなー。オタクは大人しくリンのおっぱいとか呟きながら、艦これやってる方がいいのかもしれない。