30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

独身の理由

みんなが結婚をしないのは、経済が低迷しているからだ。給料が低くて将来設計ができないせいだ。過度の成果主義のために、家族を養う自信が持てないからだ。

という論調を時々目にするが、そういう人たちは例えば給料が200万円上がったら本当に結婚する、あるいはできるのだろうか。

特殊な性格の自分を引き合いに出して一般論のようには言えないが、自分が未だに独身なのは、お金の問題ではない。

30歳も過ぎてそろそろ中堅という時分に、未だに月に手取りで20万も無い給料なので、決して裕福な部類ではないだろう。それでも、独身なのはそのせいではない。

結婚は手段であって目的ではない。ずっと一緒にいたい女性が現れたら、いつでも結婚する。そういう青い鳥のような女性が現れていないだけ。

あるいは、過去に数人結婚したいと思った女性はいたが、自分にまったく興味を持ってくれなかった。要は片想いで終わった。ただそれだけ。

結婚が目的だった時代があった。男女ともに結婚がゴールだったので、多くの妥協により結婚率は高かった。

世間体が今より遥かに大事だったので、少々合わなくても離婚という選択肢には至らなかった。離婚が世間体に過剰に影響する時代だった。

今は結婚がゴールだという表現をほとんど聞かない。結婚はスタートである。しかも生き方が多様化し、数多くある選択肢の内の、たった一つの道のスタートでしかなくなった。

妥協してまでも歩く道とは思えない。自分も含め、そういう人が増えたのだと思う。

元に戻すと、みんなが結婚しないのは、果たして本当に経済のせいなのだろうか。

今相思相愛の恋人がいて、自分たちも周囲も結婚ムードになっている中、お金がないから結婚しないというカップルがそんなに多くいるとは考えにくい。もちろんゼロではないだろうが。

ではなぜ人は、経済のせいにしたがるのか。

なんでだろうね。そこにはあまり興味がない。