30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

ボイストレーニングについて

前略。

CHAPTER 6に入り、アタックの出し方を学び始めた。

これがなんというか、大変難しい。

今まで腹式呼吸で、息を吸うと腹が膨らみ、吐くとへっこんでいた。

ところがここでは、息を吸う時、お腹の両横が引き上げられる感じになり、吐く時にそれを緩めることで強い息を出すという。

必然的に、上に伸ばしていたものを緩めるから、息を吐く時に腹が膨らむ。

しかし、もちろん腹式呼吸をしないわけではない。

今まで学んできた呼吸の仕方と矛盾するわけではない。

ただ、意識するべき箇所が多すぎて取っ散らかっている。

緩めて吐くというのは、要は大きなため息をつくような感じなのだろうか?

違った。

肩は一切動かない。吸う時も吐く時も肩は動かない。

全然わからない感じがたまらなく面白い。

 

ちなみに、ボイストレーニングって興味のある人も多いと思うが、先生にやり方を教わったら後は反復練習。

スポーツと一緒。

結局は日々の練習が大事になるので、通っていればすぐに歌が上手くなるというものではない。

それでも、自分のような初心者でも上達している実感はあるし、歌が好きな人はとりあえず1年とか決めてやってみてはどうだろうか。