30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

コミュ障について

少し前に「コミュ障レベル診断」みたいな画像がTwitterで回ってきた。

知人らしき人を見かけた時に、どのタイミングで話しかけるかで、6段階に分かれていた。

1~4は自分から話しかけ、5は相手に話しかけさせ、6はその場から離れるという選択肢だった。

自分は6一択なのだが、これはコミュ障のレベルを診断しているのではなく、普通にコミュ力の診断をしているのであって、コミュ障は6からがスタートだと思う。

言ってみれば、その場を離れた後に、すぐに忘れるとか、その行動を後悔するとか、どうすれば良かったか思い悩むとか、ただひたすら嫌な気持ちになるとか、そういう話。

きっと、その絵を描いた人はコミュ障ではないのだろう。

基本的に我々は、「知人」というレベルの他人に、積極的に話しかけたりしない。

 

広告を非表示にする