30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

3X歳はおじさんだ

男の30代なんてまだまだ大丈夫。35歳までは全然余裕!

などとよく言われるが、そんなことはない。

実際に、年齢の段階で全然相手にされていない。

 

自分は周囲の友達関係に全然女性の影がない上、ナンパなどという高度なテクニックも強いハートも持ち合わせていないので、女性との出会いを常にインターネットに求めてきた。

とは言え、根がオタクだったりストライクゾーンが狭かったりで全然相手にされて来なかったのだが、それでもメールやメッセージの類が返ってきたり、何人かとは会って遊ぶまでには漕ぎ着けた。

20代の話だ。

 

それが、30代になってからさっぱりダメだ。

手法は同じなのに、そもそもエントリーシートの段階で落とされる。

時代が変わって、相手の警戒心が強くなったのだろうか。いや、むしろリアルとネットの境界は昔より薄らいでいる。

じゃあ何がいけないのか。エントリーシートの内容が昔と違うところはどこか。

 

年齢だ。

最初のメールやメッセージに写真を添付しているわけではないので、前髪の後退はバレていない。

 

29歳の時に感じた絶望は間違いではなかった。

3X歳という文字からは、若い印象を一切受けない。

実際に3X歳になると、気持ちは20代の頃と変わっていないのだが、自分が20代の時に感じた30代のイメージを、やはり20代の人は感じるのだ。

年齢詐称はしたくないし、きっともう、インターネット上で1対1でアプローチをかけるのは無理だ。

詰将棋は確実に最終局面まで来ている。

 

えっ?

対象年齢?

もちろん昔のままです。若い子が好きだし!

 

広告を非表示にする