30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

どっちがいいのだろう

元々自分はネガティブ思考だった。

何かあると、まず悪い想定をするのである。マイナスを起点にすることで、その通りになっても0、上手くいけばプラスになるという発想だ。

この発想は絶対にプラスにしかならないから、逆説的にポジティブなのではなかろうか。

などと考えていたのだが、「最初から悪い方に考えている時点で精神的にも良くない」と何かで読み、そりゃそうだと思った。

相対値に何の意味があろう。マイナスの起点はマイナスだ。

ということで、(まあ他にも色々あって)最近はポジティブな結果を想定するようになった。

明るく楽しい結末を思い浮かべることで、それまでの時間も楽しくなるし、もちろんそうなった時にも嬉しい。それに強く願えば、想えば、それが現実になるような気すらする!

……ならなかった。

特に今月。楽しみにしていたイベントが軒並み中止やキャンセルになり、もう心がズタズタで再起不能。

そして、傷付いた心で何とか再びねじ込んだ今週末の予定も、つい今さっきキャンセルになって、もう完全に思考が停止した。

悪い想定はしていなかった。プラス起点から一気にマイナス地点まで落下した時の衝撃。

結局どっちがいいのかわからなくなってしまった。

文もまとまらない。

明日はミクのねんどろいどと一緒に、一人でどこかに行こう。どこか、遠いところへ。