30代独身オタの哀愁

消化試合を生きる

生え際について

いつからだろう。額(ひたい)について意識するようになったのは。

眉毛を上にグッと上げて、皺が出来る部分が本来の額(ひたい)の幅だと、誰かに聞いた。

鏡の前で試してみると、どう考えても、皺が出来る部分の上に、それと同じくらいの幅の、皺の出来ない部分が存在する。

昔、髪の毛が伸びて耳にかかり始めると、前髪も眉毛にかかって鬱陶しいと感じていた。

いつからだろう。前髪の存在を感じなくなったのは。空気のような存在。控えめに佇む君。

かつて「薄毛は子孫も迷惑」だと、その道の人たちが言った。

自分もきっと、子や孫に迷惑をかけるのだろうと心を痛めながら、今日も独りでミクのねんどろいどで遊んでいる。

広告を非表示にする